COMPANY

"休みをカガクする"をミッションに
企業や自治体の課題解決を行っています

ニューノーマルな社会でビジネス構造が変化しています。
顧客体験の変化や企業の従業員の休み方・働き方の変化。
経済活動は休日需要が占める中で、その変化への対応が企業の従業員の生産性向上面や消費行動を促すビジネスに求められています。

顧客体験の可視化の重要性

多様化するライフスタイルの中でサービスを提供する企業側と享受する顧客おいて、オンラン・オフラインでの顧客接点は複雑化しています。
ニューノーマルとなった今、どのような体験設計が消費者向けサービスにおいて有効なのか?また、企業の休み方・働き方改革を実践する従業員は、仕事の価値をどのように体感し、有効的に自身のワークに繋げられているのか?
休日デザイン研究所は、顧客(人)に焦点を当て顧客(人)の休日マインドに基づく企業サービス・商品や地方自治体の観光誘客における顧客体験の明確化および休み方・働き方改革において従業員の休日と仕事の生産性向上(ワーケーション導入など)に向けた研修支援を行っています。

顧客中心による課題解決

顧客(人)に対して、どのような体験設計をすることでビジネスの拡充を図ることができるか?ストーリーとしての顧客体験を明らかにすることで顧客行動のトリガーなる要素が分かります。
休日デザイン研究所のミッション ”休みをカガクする・休日に人を動かす” をベースとして、顧客体験をオンライン・オフラインで紐解くことでビジネスコミュニケーションの最適化を図っています。

休み方におけるビジネスの最適化を通じて企業課題の解決をしています

会社概要

・社名     株式会社休日デザイン研究所
・代表者    鈴木 潤士
・所在地    〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1
・E-mail    info@dod-lab.com
・資本金    5,000,000円

事業領域

・顧客体験(On/Offlineマーケティング)
 調査/分析&戦略コンサルティング
・休み方・働き方研修(新人研修・ワーケーションなど)
・地方創生事業(地域資源の磨き上げ・コンテンツ開発)
・デジタルマーケティング戦略支援(Webサイト制作等)
・オウンドメディア「休日デザイン研究所」の企画・運営
・事務局業務の企画・運営
・富裕層向け休日デザインサービス